KANEISHI
Previous
Next

•焼物はじめと今(コンセプト)
 思い起こせば、学生時代に森正洋氏の作品を目にしたの
 が、始まりでした。
 この時代、森正洋(https://ja.wikipedia.org/wiki/森正洋)
 は、多くの若者に影響を与え、その作品は今も売られ続
 けています。
 一時期森氏も勤務した上記センターを退職後、技術を少
 しでも生かそうと考え焼物作りをスタートしました。

 多くの素材、成形方法、表現技術がありますが、全てを
 1人で行う為、
  ■素材   :肥前窯業圏で広く伝統的に使われている
         天草陶石による磁器
  ■成形方法 :鋳込成形を中心
         ※鋳込みは、水に溶いた粘土を石膏の吸
         水性を利用して成形しますが、水が器に
         沿う様に、変形ものや複雑な形に有効で
         す。
  ■加工/加飾:彫り•刷毛•削り•化粧など生地への加工、
         及び下絵付け、釉による加飾を中心
 に絞り込み、全体として、「暖かく、有機的な表情を持ち
 ながら、シンプルで長く使って愛着が持てる焼物」
 を目指したいと考えております。
 2019年4月 吉日

陶磁工房 兼石

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。