有田の大公孫樹

有田の大公孫樹

樹齢は推定で1,000年。
大きさは根回り約18m、高さ約40mあり県下随一のイチョウの巨木である。
実はつけないが毎年秋にはみごとに紅葉し、屋根の上にそびえ立つ姿が遠くからも見られる。
1926年(大正15年)国の天然記念物に指定された。
1828年(文政11年)の大火で有田のまちは焼け尽くされたが、このイチョウの木は隣接する池田宏孝家は難を免れて焼け残った唯一の木造建築物である。
池田家では「イチョウの木は火を嫌い大火の時に風を起こして火を寄せ付けず家を守ってくれた。」と言い伝えられている。
1979年(昭和54年)イチョウの木は町木に定められている。